【ドラゴンクエストビルダーズ】クリアしました。

2016y02m05d_143712416.jpg

ここ1週間、ブログネタはあれど家出中の為にブログが更新できませんでした…

それでもシコシコとゲームは続け、購入から約1週間でDQBクリアしたぜ!
PS4の大画面を見てると羨ましくなるけど、今の俺の状況を考えるとどこでも出来る携帯機(SS移動も便利!)のPSVにして良かったかな…大画面…羨ましいけど…。

最近めちゃくちゃゲームを積んでいる俺がこんな早くクリア出来たのは、
ゲームの楽しさもあるけど周りのフレンドでプレイしてる人が多かったのも原因のひとつかも?
進行度を追い抜こうと走り抜けてたら気づいたらゴールしてました…!

こんなにゲームに熱中したのは久しぶりだったな!

まだまだDQB熱は冷めていないので、ブログ更新が終わったら次はトロコン狙いに行きますよ!

以下、2章から最終章までのネタバレプレイ日記。



2016y02m05d_140737408.jpg

2章目の舞台は病に支配された大地、リムルダール。
毒の沼に周りを囲まれて、木は枯れ果てて1章の時と比べると圧倒的に緑が足りない…。

こんな場所で食料調達とか出来るんじゃろうか……。

荒れ果てたこの大地にも人は居て、今回の最初のNPCは祈りを捧げてセーブさせてくれそうなシスターさんです。
いかにもか弱そうな女のひとだったけど、夜になって幽霊に攻め込まれても主人公以上の攻撃力で敵を撃退してて笑いました。
そんなお姉さんの頼みを聞いてまずは病院を建設することにした主人公。

(ビルダーズスカイプ)
かわち「じゃるさん、大倉庫作りました?」
じゃる「いや、まだ・・・病院作ろうとしてるところ。素材が足りないし…」
かわち「大倉庫作ると便利ですよ」
じゃる「知ってるわ!!!!!!!!!!!!!!!!」

たまにかわちさんはナチュラルに煽って来てびっくりします

2016y02m05d_141138938_20160205144237bd8.jpg

(病院が完成する前に病人拾ってきちゃった・・・)
とりあえず床に寝かせておいて、急いで病院を建ててあげないと……。

2016y02m05d_141144460.jpg2016y02m05d_141158116.jpg

志村ー、後ろ後ろ!
微妙にベッドからはみ出した病人が悲惨さ増大させてるよ!

2016y02m05d_141224770.jpg

エルのお願いを聞いて、そこら中で行き倒れてる人間たちを運んで行きます。
どんどん増えていくからベッドが足りなくなってきた・・・。

どれだけ看病しても治らない病人たちを見て、『長い苦しみが続くなら、いっそ楽になれた方がしあわせなのではないかと』なんて弱音を吐くようになってきたエルさん。
バカやろうっ…!お前が弱気になってどうするんだっ…!!

そんなシリアスなこの村で、唯一の癒し。

2016y02m05d_141204531.jpg
2016y02m05d_141210371.jpg

最初の患者、ノリンはバカ可愛い!

【3章・マイラ・ガライヤ編】
2016y02m05d_141407261.jpg2016y02m05d_141415250.jpg

この章はとにかく木材の入手にめちゃくちゃ戸惑った…。
木の苗を植えて2日後に採集しないと苗が残らず詰む事を知らず、1日目で全て刈り取ってしまって木材必須のクエストで動けなくなり無事死亡^-^

ブチギレながらマイラ・ガライヤの2週目は最初から攻略サイトを開いて寝ずに効率重視で動いて、チャレンジクエストは1つを除いてクリアすることが出来た…!
これで次のチャレンジクエスト埋めの時に便利だぞ!

【4章・ラダトーム編】
2016y02m05d_141423422.jpg2016y02m05d_141426195.jpg

最終章は、草どころか砂も毒も何もない全てが死んだ大地だった…。
えっ…これ食料大丈夫かなぁ・・・。

とりあえず3章の筋肉たちに貰った物を頼りに拠点を作らないと…。

2016y02m05d_141428939.jpg

ファッ





2016y02m05d_141649534.jpg

4章は他の章と比べるとかなり短い感じ…?
ラスボス戦の戦い方も、後ろでプレイしている彼氏の画面を見てある程度把握していたからサクサクとクリアです。

今まで助けてきた人たちに助けられる展開はとても熱かった…。

そして、ずっと謎だった主人公の正体も……。

2016y02m05d_141653789.jpg

2016y02m05d_141706918.jpg

ずぅっと『あなたは勇者ではありません』『竜王を倒すのがあなたの使命ではありません』と言い続けてた精霊の言葉を無視して、
自分がやりたいように、自分のことを犠牲にして世界を守った主人公・・・。

勇者じゃないのかもしれないけど、主人公はちゃんと勇者だったよ・・・!

竜王の『仲間になる代わりに世界の半分をくれてやろう』の選択肢で【はい】を選んだ為に生まれたこのifの世界で、
何故主人公はそんな選択肢を選んだのか考え続けたエルが『きっと、その方には自分で自分の道を決める選択肢が与えられたことなど無くて、竜王のその質問が初めて自分で選ぶ選択肢だったから好奇心で『はい』を選んでしまったのではないか』
『じゃるさまと違って真面目な人だったのではないか』なんて考察してて優しい子だなぁ…って……。

(じゃるさまと違って…!?)

まぁ最初から最後まで自分のやりたいようにやってくれる毒舌な主人公君でしたね・・・w

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekojumpoo.blog.fc2.com/tb.php/1239-bde0beb3