【絶対絶望少女】これが、わたし達の生きる道(part1)R-17

2015y07m11d_111136898.jpg

遂にチャプター4までやってきました。ダンガンロンパ的に考えるとあとチャプター1つで終わり、物語も終盤ですね。

ここまで来ると段々敵の数も増えてきて、クイズも難しくなってきて、個人的に下水道とか工場系のマップあんまり好きじゃないのに増えてきて(モノクマがロボットだから仕方ないんだけど)ちょっとしんどくなってきたな…。

それでもこの物語を全て見届けるまで歩みを止めるわけにはいかないんだ…っ!!

2015y07m11d_111231578.jpg
2015y07m11d_113657434.jpg

ボール・モノクマが投げるゴミに当たるとカップラーメンの妖精になっちゃうこまるちゃんかわいいです。

以下ネタバレプレイ日記。R-17


2015y07m11d_111150079.jpg
2015y07m11d_111152310.jpg
2015y07m11d_111154559.jpg
2015y07m11d_111159778.jpg

前回、この街から逃してあげると提案してくれた渚くん。

「これは提案じゃなく、お願いだ」と、敵であり魔物である2人に土下座までして、爆弾を取り外してくれました。
優秀故にプライドが高い子に見えたけど、本当にこの街から出て行って欲しいんですね…。

「そんな事したら、モナカちゃんを悲しませちゃいますよ!」と慌てる言子ちゃんを置いて、
3人は唯一この街から外へ脱出できる秘密通路へ向かいました。

渚くん「お前はついてくるな」
言子「で、でも…」
渚くん「…モナカちゃんに嫌われたくないだろ?」

あんなに姫様にぺこぺこしていて、絶対服従の様子を見せていたのに…。
嫌われるのを承知で……;;

2015y07m11d_111216894.jpg
2015y07m11d_111225062.jpg

が、これは裏切り行為に該当したみたいで、希望の戦士でリーダーである渚くんにモノクマが襲い掛かる!やめたげてよ!
こんなの2人を逃がした後で子供達の元に戻ってもイジメられる未来しかないんじゃないか・・・!?

どうでもいいですけどこうやってモノクマから対象を防衛しろ系のミッションは、敵がいつ枯れるか分からなくて精神も消耗しますね…。
まぁ弾が追加で貰えるからまだマシですけど…!w

2015y07m11d_111327720.jpg
2015y07m11d_111329761.jpg
2015y07m11d_111334653.jpg
2015y07m11d_111336995.jpg
2015y07m11d_111341688.jpg

「ぶっ倒れても、点滴を打てばHP全回復…三日や四日の無茶な徹夜は当たり前。
少しでも反抗心を見せたら、アイテムを使って心を虚勢」


希望ヶ峰学園の教諭だった渚君の父親は、自分の息子を使って子供の才能の成長を研究していたらしい。
壊れるギリギリの所まで子供を追い詰めるとどんな成長曲線が見られるのか…等。

スーパーダンガンロンパの時の日向くんの時もそうだったけど、希望ヶ峰学園の関係者ろくなやつが居なくない…!?

そして、モナカちゃんの足は父親や年の離れた兄が才能に嫉妬して、足を破壊してしまったらしい。

渚くんと話してると子供と話してる気にはならないですね…。
本当に一番まともで、一番自分達が狂ってる事を理解していて…。

2015y07m11d_111405272.jpg
2015y07m11d_111409456.jpg
2015y07m11d_111411589.jpg
2015y07m11d_111414872.jpg
2015y07m11d_111428372.jpg

反抗しても良いって常識が無くて思いつめた子供達は、親から、大人から逃げ出す為に自殺を決意。
そんな所で江ノ島さんに拾われたんですね。

大人に反対して、反抗して、殺しても良いってことを教えてくれて
子供でも本気になれば大人が殺せることを教えてくれて、
そんな光景を「子供が大人を殺すなんて絶望的ね!」と喜んでくれていたという……。

「完全にカルト宗教の手口よ。
 弱った人間を肯定して懐かせて、相手の目的を自分の目的とすりかえる…」

「最悪なオトナに利用されるより、最高なおねえちゃんに利用される方がずっとマシさ」


この心酔っぷり…。ここまで他人を好きになれるって良いですね……。
江ノ島さんが居なくなった後、途方に暮れていた子供達はモナカちゃんが江ノ島さんの代わりを引き受ける事で、今度は子供達の楽園を作るために奮起しているそう。

モナカちゃんが最初っからこんなに人を導ける子だったのか気になるな…。

2015y07m11d_111511561.jpg

抜け道の前まで案内してもらった瞬間、メシツカイさん登場。
ていうかどうしたんですかその顔…!!誰も触れてないけど……!!

召使い「キャラの立ってない平凡で退屈な主人公さんが、中途半端なところでゲームを投げ出さないようにね。」
渚くん「やめろよ!何言ってんだ!せっかく、この街から出て行ってくれそうなのに!!」
召使いゲームは最後までクリアして貰わないと困るんだよ。こっちはそれを前提で作ってるんだからさ

「キミは賢い子だから、薄々勘付いてたんじゃないの?
 じゃなかったら…コソコソとこんな事してないよね?」

「楽園の為にゲームを中止しようって、みんなに堂々と提案すれば良いだけだもんね」

「キミがそれをしなかったのは…やっぱり、どこかで勘付いてたからなんだよね?」

「キミの大好きな”魔法使いさん”は、楽園よりもゲームを選ぶって」

「それがわかった上で、自分勝手な目的の為に動く人間をなんて呼ぶか知ってるかい?」

「裏切り者。」


今まで下僕としていたナギトくんに…じゃなくて召使いさんに大人の言葉責めされ、
気が動転しながら走って逃げ出してしまった渚くん…。

ああ…一番話が通じそうな敵側のキャラが……。

2015y07m11d_111544611.jpg
2015y07m11d_111552029.jpg
2015y07m11d_111624014.jpg
2015y07m11d_111632648.jpg


1372091073495_201403020131258cb.jpg

うわあ・・・ずいぶんと久しぶりに狛枝くん節を見たぞ……。

一度失った未来機関の銃をこまるに渡したのも、モノクマキッズがアイテムをくれるのも、
最初のビルで腐川さんに会えたことも、すべてはこまるちゃんが絶望に打ち勝つ為の希望成長ゲームだったのだという。

腐川さんはこまるちゃんと十神くんを交換する為に今まで守ってくれていたの…?
と、腐川さんに問い詰めるこまるちゃん。

「だ、誰が好きであんたみたいなのを助けるのよ!そんな訳ないじゃない!
 今まであんたを守ってやったのも、あんたを励ましてきたのも…
 全部、白夜様の為に決まってんじゃないの!!」


2015y07m11d_111700502.jpg
2015y07m11d_111702371.jpg
2015y07m11d_111708968.jpg

ペルソナッ!!!!!!

「なんで…あたしみたいな女を信じるのよ…二重人格で…しかも殺人鬼なんて異常な女を。
 今までずっと、誰も、あたしなんか信用しなかったわよ…。
 それなのに!なんで、あんたはあたしなんかを信じるのよ!!」

泣きながら、実力行使で無理やり連れて行く!とジェノサイダー化する腐川さん。

こ、これはまさか……

2015y07m11d_111712404.jpg
2015y07m11d_111714356.jpg

まさかのジェノサイダーとの戦闘!!?

モノクマを一瞬でくたばらせちまうジェノサイダーに勝てるわけなくない!?
ていうかこの銃って人間には効かないんじゃ…。 と思ったら、ジェノサイド化する為に使っている武器を狙い打てばいいんですね…。

2015y07m11d_111721084.jpg

なにより攻撃を受けるたびに服が破れて行って焦ったよね…!!

2015y07m11d_111736504.jpg
2015y07m11d_111743822.jpg
2015y07m11d_111745607.jpg
2015y07m11d_111747622.jpg

バトルに負けたから、もう止められない。早く逃げればいいじゃない。
…と言う腐川さんに対して、わざとこんな事してるんでしょ!と泣きながら声を荒げるこまるちゃん……。
んもー!わざと友達に嫌われようとするのやめてよ!感動しちゃうでしょ!

その熱意に押されて、遂に「あんな頭のおかしいヤツの言いなりになるなんて…」と狛枝くんを裏切る腐川さん。
それを見て狛枝くんはコショウを取り出し、強行手段に出ました。(この人なんでコショウなんて持ち歩いて…)

2015y07m11d_111808003.jpg

うわーい!狛枝くんがアニメ化されたぞー!!!!
なんだかんだ言って僕も狛枝くんは大好きですね…。ダンガンロンパで好きじゃないキャラの方が少ないけど…。

ジェノサイダー化し、腐川さんと記憶は共有しないものの感情は共有していて、
その感情が狛枝くんを殺してこまるちゃんを守れと言っている!…と、狛枝くんの両足を切り裂くジェノサイダー。

ジェノサイダーさんマジ超かっこいいヒーローさ…!!

2015y07m11d_111810872.jpg
2015y07m11d_111813490.jpg

狛枝くんを殺そうとするジェノサイダーを止め(次に人を殺したら未来機関に正式加入させてもらえない、と約束されたから)
こまるちゃんは十神くんを助け出したいと言う腐川さんの為に、町から逃亡するのではなく、立ち向かうことを決意。

辛うじて狛枝くんの策略通り、こまるちゃんはゲームを投げ出さずに進行してくれそうですね…。
2人はそのまま狛枝くんを置いて大人たちがいる地下を目指しにいきました。


え・・・狛枝くんはどうなるんだろ・・・。


こんな所に歩けない状態で置いておいたら、モノクマたちの餌食になっちゃうんじゃ……。



2015y07m11d_111819886.jpg

「…あれくらいの言葉でマジギレとは、子供だねぇ…」

[ 2015/07/23 11:00 ] .■PSV 絶対絶望少女(終) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekojumpoo.blog.fc2.com/tb.php/1124-1d65d44e