【絶対絶望少女】少女戦線異状あり(part2) R-17

2015y07m10d_102334569.jpg

3章では新しいコトダマ、痺れろを手に入れました。
これ単体でも割と殺傷能力は高いうえに、近くに居る敵や水溜りの上に居るモノクマを感電させれるんですね。
この弾はいい物だ……。

そして、ここにきて情報サイトを見たときに一番気になっていたシーンが……。

2015y07m10d_102656752.jpg
2015y07m10d_102701484.jpg
2015y07m10d_102834525.jpg

こまるちゃんが触手に襲われてる!タッチして撃退しないとこまるちゃんがアレ状態になってゲームオーバーに!!
しかし開発ゲージ(ゲームオーバー値)が溜まる事に苗木こまるが喘ぎこまる化して行く……!!!

ギリギリまで開発してみたい気もするけどゲームオーバーになるのもっ……くっ!!

と言う絶望的な状況に陥りつつ以下ネタバレプレイ日記です。


2015y07m10d_102518792.jpg

秘密基地にモノクマが襲来してしまった……前回!!
大人たちが次々に切り裂かれていく…。

シロクマに頼られたのもあって、こまるちゃんとジェノサイダーでモノクマを撃退していきます。
シロクマもずつきでモノクマに応戦。(かわいい)

数人死んでしまったけど防衛し終えた後……。

2015y07m10d_102523245.jpg

2人が帰ってきたタイミングで秘密基地にモノクマが攻め込んできたことで、疑いがかけられた…。

「お前らは、未来機関に連絡を取った事で、ガキ共に目をつけられたんだろうな…。
 全部お前らのせいだっ!お前らが、ここのみんなを傷つけたんだ!!」


「こんな昔話があったっけな。
 鳥の一族と獣の一族が争ってる話だ。
 コウモリは、鳥の顔と獣の顔を使い分ける事でどちらにもつかず離れず器用に立ち回った。
 だけど最後には見透かされて、どちらの一族からも見放されるんだよ」

「お前らは鳥と獣のどちらだろうな…」

完全に子供達のスパイじゃないかと疑われ、別々に牢屋へ閉じ込められる二人…。本が薄くなるな…。

2015y07m10d_102556163.jpg
2015y07m10d_102558580.jpg

その日の夜、こまるちゃんの元へ言子ちゃんが。

お姉さんを狩りにきたのだけど、お姉さんがとってもキャワイイから見逃してあげる、と言う言子ちゃん。
「ただし、逃がしてあげるのはお姉さんだけです。あっちのメガネはキャワイくないのでいりません」

そんな言葉に戸惑いつつも、一人で牢屋を脱出しようとするこまるちゃん。

2015y07m10d_102615413.jpg
2015y07m10d_102629514.jpg

入れ歯のような形の銃でこまるを射殺…ではなく意識を奪われた……。

「パパは歯科助手さんと浮気ばっかりしてました。
 内外科医に対するコンプがハンパなくて、歯科医のくせに、外科医プレイがお気に入りでした。
 ええ、素敵なパパでしたよ。
 本業そっちのけで私にばっかり稼がせて……。
 何度殺しても殺し足りない…素敵なパパでした。」


「キャワイイのって罪なんですよ。キャワイイと酷い目に遭うんです。
 お姉さんもキャワイイんだったら、自分の身は自分で守らなきゃダメなのです。
 それができないなら、何をされても仕方がないのですよ?

 クソみたいなルールですけど、そんなルールを作ったのは大人の方なんですから……」


2015y07m10d_102843075.jpg
2015y07m10d_102849825.jpg

ウッ……。
今まで何があって何を思ってきたか容易に想像出来て辛い……。

この子からはマサルくんや煙蛇太郎くん以上に大人への憎しみを感じられる…。
する事全部が今まで自分にしてきたおとなへのあてつけのような……。

…と言ったギリギリのところで、ジェノサイダーがこまるちゃんの元へ駆け付けてくれました。

2015y07m10d_102908989.jpg
2015y07m10d_102925793.jpg
2015y07m10d_102938679.jpg

小学生の女の子をハサミで切りかかってるようにみえるんですが大丈夫なんですかね!!!
どうやら洋服だけ切り刻んで段々露出激しくなっていって、R-17でどこまで見れるのか楽しくなってきたぜ…。
どこまで見えるのかは製品版でのお楽しみです……。

ジェノサイダー
「…ったく、ガキなんかに捕まってんじゃねーよ」
こまる「助けに来てくれないと思ってた…あんな風にケンカした後だったし…」
ジェノサイダー「ケンカ!?何それ、シラネ!あたしはただ白夜様を助け…」
こまる「わたし…腐川さんを置いて一人で逃げようとして…。それに友達がいないとか酷いこと言っちゃって…」

ひどいことをしたのに助けに来てくれたジェノサイダーを見てこまるちゃんの心のわだかまりも解けて、無事に仲直りできそうです。

2015y07m10d_103006415.jpg
2015y07m10d_103012566.jpg
2015y07m10d_103117602.jpg
2015y07m10d_103119352.jpg
2015y07m10d_103121635.jpg
2015y07m10d_103150605.jpg

トラウマ全開の言子ちゃんと対峙して、ボス戦へ突入です。

今回のボス戦はモノクマが配置されていて、
モノクマをボスと一緒に感電させてから弱点を攻撃すると言う戦法みたいですね・・・。なるほど段々ボス戦も難しくなってきている……。

かなり手間取って初めて戦闘でライフが0になり、リトライを覚悟したその時。

2015y07m10d_103155971.jpg
2015y07m10d_103157972.jpg

なんと腐川さんが助けに入ってくれた……!!!
ジェノサイダーじゃなくて腐川さんの方がって言うのがもう…!

ボスを倒して、言子ちゃんのお仕置きシーンが……。

2015y07m10d_103203588.jpg
2015y07m10d_103205400.jpg
2015y07m10d_103210372.jpg
2015y07m10d_103212622.jpg
2015y07m10d_103215205.jpg
2015y07m10d_103217539.jpg
2015y07m10d_103226323.jpg

お仕置きシーンが始まら……なかった!!!!!

白夜様の居場所を聞き出す為に助けたみたいだけど、言子ちゃんが危険な目に遭わなくてよかったよ…!
が、問い詰めようとした瞬間、希望の戦士のリーダー渚くんが登場。
あんた達おかしいわよ、とキレる腐川さんに対して渚くんは…

「大門も蛇太郎も言子ちゃんもモナカちゃんも僕も…
 みんなおかしくてみんな壊れちゃってるんだろうな。」
「正直に言おうか…僕達はおとなが怖くて仕方がないんだよ。
 オトナの足音が聞こえるだけで…オトナの気配を感じるだけで…
 怖くて怖くて怖くなって…仕方がないんだよ。」
「オトナがいる限り…僕達が安心して暮らすのは無理なんだ。
 もう…そうなっちゃってるんだよ」


流石賢者の渚くん、今まで話が通じなかった他のメンツと違ってしっかりこまるちゃん達に話をしてくれています…。
渚くんが一番オトナに近く感じられて、それが不幸な事にならないか心配だけど……。

「お前は僕達から逃げたいんだろう?この街から逃げたいんだろう?
 だったら逃してやる…もう、それでいいだろ?」


2015y07m10d_103352883.jpg
2015y07m10d_103351450.jpg

渚くんが本当に酷い目にあわないか心配だよ…!?

これでこまるちゃんは腕輪をはずしてもらって逃げられるかもしれない、けどそしたら囚われた十神くんはどうなるんだ…。
十神くんが解放してもらえたとしても、この街の有様を放置していていいのか…。

色々な疑問が残されたまま、チャプター4へ続きます。






2015y07m10d_103403165.jpg
2015y07m10d_103407902.jpg

それってどういうこと!!!???


[ 2015/07/18 11:07 ] ■PSV 絶対絶望少女(終) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekojumpoo.blog.fc2.com/tb.php/1123-5035d696