【ダンガンロンパ1・2Reload】This is the end ~さよなら絶望学園~

2015y04m12d_014530130.jpg

ついに…ついに此処までやってきたぞ……!!

以下、チャプター6のネタバレプレイ日記。


2015y04m12d_014413392.jpg

…と、チャプター6が始まる前にチャプター0が始まりました。
同室に居るナギトくんの事を見る誰か…。
こういう時、大抵は主人公視点だと思うんだけど……

「馴れ馴れしい態度と、人当たりの良さそうな笑顔…。
 けれど、その薄皮の向こうには、ヘドロのような腐った臭気が詰まっていました。
 それはなんて言うか……終わってるヤツ特有の臭いです。」


チャプター0と言うからには、コロシアイ学園生活が始まる前の事なんだと思うけど、この語り口調、記憶を失う前の頃だったとしても違い過ぎない…!?
という事はラスボスの視点なのかな…?

「キミは本当につまらない」「幸運なんて才能は僕も持ってますから」と言う超絶上から目線のナゾの人物に興味津々なナギトくん。

???
「かつて、ボクを利用したあいつを今度はボクが利用する番です」
ナギト「まさか”超高校級の絶望”の事!?」

特別な人に対しては愛想がめちゃくちゃ良いな!?

2015y04m12d_014448152.jpg

「じゃあさ…ボクはまた会えるのかな?
 今度こそ、ボクは大嫌いなあいつを殺せるのかな?」


希望を愛するナギトくんなら、超高校級の絶望は大嫌いだろうなぁ……
って、ナギトくんの左腕ってこんなだったっけか…!?
マニキュア塗って、まるで女の人の腕みたいな……

「凄くない?ボクは最大の敵である”超高校級の絶望”を取り込む事に成功したんだよ!」

20101118211901ae7s.jpg

「ふーん、死体を漁っちゃったんですか…ツマラナイ事をするんですね」

嫌いな相手の能力を手に入れる為に、自分の腕を切り落として相手の腕を取り付ける……。
腐らない左腕を「取り込んだ証拠だ」と嬉しそうに語るナギトくんは、記憶がなくなる前も今も相変わらずでしたね……!!

そんなチャプター0から始まりました。最後のチャプター。

2015y04m12d_014525498.jpg

最後の舞台は、希望ヶ峰学園…!!
うわー、見慣れたこの景色…懐かしい……。10日ぶりくらいだ…。

懐かしいんだけど、バグがかかったように所々画面がおかしくなる……。
突然こんな場所に送り込まれた主人公達は、モノクマに此処はドコだと詰め寄ります。
学園生活の記憶が失われてたんじゃそうなりますよね……。

2015y04m12d_014535748.jpg

モノクマ「しょ、衝撃だぜ…希望ヶ峰学園だって言ったばっかなのに…!」

…この作られた希望ヶ峰学園で、真実を探す作業が始まりました。
ダンガンロンパゼロの中盤までしか読めてないけど、確かにゼロでも記述されていた事が何個か出てきますね!
希望ヶ峰学園で起きたこと、この世界で起きたこと、そして超高校級の絶望がどんな人で、その信者がどうなっていったのかって事……

「生きる事も死ぬことも食うことも愛する事も愛される事も彼女にとっては絶望でしかないんだ。」
「自分の家族や仲間を殺してしまったり、自分の体さえも容赦なく破壊してしまったりね。
彼らはそれを自分がやるべき事だと信じ込んでしまってるんだ。」


信者怖すぎィ!

捜査する内に、主人公達は段々気づいてきてしまいます。

2015y04m12d_015325661.jpg

2015y04m12d_015355928.jpg

2015y04m12d_015612288.jpg

2015y04m12d_015716182.jpg

予想通りのゲームオチ宣言…っ!!
ま、まじかぁ……。ちょっと残念だけど、でも九頭竜ぼっちゃんが言う通り、今まで死んでいったみんなが生きてるなら、それで良いかな……。

が、「死んでも死なないゲームなんて面白くないじゃん」と言い放つモノクマ。
現実世界に帰れば、一生目を覚まさない彼らが居るだけらしい。
モノクマお得意の希望を見せてからの絶望展開だ…!

2015y04m12d_015744794.jpg

2015y04m12d_015750026.jpg
2015y04m12d_015903436.jpg

ここで前作の主人公、苗木くんが登場!きゃー!

が、彼から告げられる、更なる衝撃の事実……。
何故日向くんたちがこのゲーム世界に送り込まれていたかというと、主人公達は希望ヶ峰学園に入学後に超高校級の絶望の影響を受けて絶望化されて、世界に絶望を撒き散らしていた軍団の一味で、
故に学園生活の記憶を消去して、アイランドで普通の日常生活を送らせてその記憶を上書きする為だったのだという。

何それ…言われて見れば確かに8割くらい悪人面してたけど……
超高校級の絶望たちは、江ノ島さんに自分の親を献上して殺させたり、だれかれ構わず撃ち殺したり、江ノ島の死体から目玉を抉って自身の目にはめ込んだり、江ノ島の子孫を作ろうとして彼女の死体から……。

彼女の死体から…で止めが入ったけど、彼女の死体から何を取ろうとしたんだ…!?子宮か…!??!?

狛枝くんの言動の変化の原因は、誰よりも先に真実に辿り着いてしまい、このメンバーに希望なんて無い事を理解して裏切り者以外の全員を皆殺しを行おうとしたらしい。
自殺と言う手段を選んだのも、絶望に魅入られた自分がイヤで自殺したのかな…。

ここら辺りで段々と発言がオレ様系になっていく苗木くん。

2015y04m12d_020038056.jpg
2015y04m12d_020104646.jpg

今まで学園に散らばめられていた苗木まことへのメールと人物像が違い過ぎることに気づいた日向君にロンパされて、黒幕登場です。
相変わらず超高校級のギャルは可愛いな!!
虜になってしまう人がいるのも分かるよ…腕は切り落とさないけど…!

江ノ島さんの力で死んだ人たちを復活させるから、と卒業ボタンを押す事をオススメする江ノ島さん。
理屈なんてどうでもいいから死んだあの人たちが生き返るというなら、と卒業を選択したいみんな。





【それは違うよ!】

2015y04m12d_020121357.jpg
2015y04m12d_020138862.jpg

本物登場き、きたぁぁぁぁぁぁ!!!
主人公力高い登場の仕方に生理的に受け付けないくらい好きです!!!

現実世界に戻れないリスクを背負ってゲーム世界に入ってきた本物の苗木くんの言葉で、
ゲーム世界で死んだ人たちの意識を復活させる事は不可能で意識が死んだ人たちは江ノ島さんが乗り移って現実世界に江ノ島さん【超高校級の絶望】を誕生させるに等しい事だと教えてもらいます、、、

「死んだ連中のデータはアタシの中に蓄積されてるから、
 今までとなんら変わりない人格を演じられるはずだよ」
「だから、今までより九頭竜クン好みの辺古山ペコちゃんを演じられちゃったりしてね!」

「ふざけんなっつってんだろぉぉおぉおおおお!!!!」

ぼっちゃん;;

本物の苗木くんが来た以上、みんなが簡単に卒業ボタンを押すことは無くなったけど、
ずっと脱出を目指して頑張ってきてゴールに辿り着いたと思ったら、それも不可能なんて……。

……と、此処で苗木くんから「みんながここから出られて、江ノ島だけを出さずに済む方法があるんだ!」と新たな手段が!
それは、プログラムの定員である15名の”過半数”がせーので「卒業」と「留年」を同時に押すこと。
でも苗木くんを含めても過半数に満たないよ!?!

2015y04m12d_020210963.jpg
2015y04m12d_020212800.jpg

うわっ!こういう全員集合みたいなノリ熱いから大好きだよっ!!!
おかげで少しダンガンロンパ2のキャラ達がちょっとの間放置されていたけど・・・・w

でも、絶望の為にはそう簡単に強制終了させるわけにはいかないのです。
ずっと何の才能も無い予備学科とバカにされ続けていた日向くんの秘密が暴露されます。

日向くんは本当に予備学科の学生だったけど、誰よりも希望ヶ峰学園に希望と憧れを抱いていたおかげで、希望ヶ峰学園に才能が無い人間に才能を与える事は可能なのか?という実験に使われて脳を改造され、全ての才能を手に入れた超高校級の希望だという事が発覚。

現実世界に戻ったみんなは、アイランドで起きた出来事を全部忘れて超高校級の絶望として生きていくけど、
日向くんはそれにプラスして考え方も趣味も性格も好きな物も嫌いな物も全く別の人間に戻るという事ですね・・・。

2015y04m12d_020349689.jpg

2015y04m12d_020351218.jpg

2015y04m12d_020352902.jpg

2015y04m12d_020356741.jpg

「日向クンに至っては存在そのものが消えてしまう・・・
 それも、憧れてた希望ヶ峰学園のせいでね。
 顔も知らない連中の為にか?感謝すらしてくれない連中の為にか?
 ……それは”希望”なのかよ?」


こんな事実を押し付けられたら誰だって絶望しちゃうよ…。20日前までは普通の学生だったのに…。
涙を浮かべながら苦笑いを浮かべる日向くんが切なくて…!

「どうして俺が…こんな事に巻き込まれなくちゃいけないんだよ…。
 だって、みんなと違って…俺には大した才能なんてないんだろ…?
 それなのに…こんな事に巻き込まれて…しかも…存在が消えるって?」


「だからさ、みんなで呪いから解き放たれて、ここで仲良く立ち止まってようよ!
 ずっとずっと…ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとね。」


2015y04m12d_020405986.jpg

2015y04m12d_020414640.jpg

2015y04m12d_020416353.jpg

2015y04m12d_020418293.jpg

超高校級の詐欺師が普通に面白くて笑ってしまったじゃねーか!!!!w
こんなノリでアイランドを遊べたらなぁ、っていうぐらい和気藹々としててツライ・・・。

七海ちゃんの言弾を借りて、幸せそうな空間を破壊。

2015y04m12d_020422474.jpg

「ゲームなのは私だけ・・・みんなはそうじゃないでしょ。」

「それよりさ・・・あいつらむちゃくちゃだよな?
 世界が滅ぶとか、自分を犠牲にしろとか、そんなの選べっこないのに・・・。
 本当・・・散々だよ・・・。
 いきなりこんな訳のわからない事に巻き込まれて・・・。
 なんの才能もないって突きつけられた上に、外に出れば”超高校級の絶望”だとか言われて・・・。
 挙句の果てには・・・消えるとか言われてんだぜ?意味わかんねーよな。
 だって、俺達の記憶がなくなったら、お前の存在は完全になくなるんだもんな?」


「たとえ”存在”がなくなったとしても・・・
 私がみんなに忘れ去られちゃったとしても・・・
 だからって、完全に消えてなくなる訳じゃないよ。
 私が、生きて、戦って、命を懸けたモノが、ちゃんとそこに残ってるんだもん。」


2015y04m12d_020507077.jpg

おいっ、いつまでウジウジしてるんだよっ!
 胸を張れる自分になりたいんじゃなかったのか?
 だから、希望ヶ峰学園に憧れたんじゃなかったのかよ?
 キミ達の未来は・・・キミたちだけに権利があるんだよ。
 もちろん責任もだけどね。
 でも、どっちも選べないなら・・・創っちゃえばいいんじゃないかな?」

「ゲームじゃないんだから、才能やスキルやレベルなんて気にしなくていいんだよ。
 キミ達には・・・そんなものを乗り越える、とてつもない必殺技があるじゃん。
 ほら、『やればなんとかなる』ってヤツだよ!
 誰かの為じゃないよ。キミは・・・自分自身の為にやるんだよ。
 さてと!じゃあそろそろ、日向くんのカッコイイところを見せて貰おうかな。
 ほら・・・私も手伝うからさ・・・」


2015y04m12d_020515017.jpg
2015y04m12d_020513482.jpg

2015y04m12d_020516575.jpg
2015y04m12d_020521961.jpg

七海ちゃんの言葉で、日向クン覚醒。

強制終了すれば人格が変わってしまうといわれたけど、ゲームじゃないんだから第三の選択を自分で作ればいいと・・・!
かっこいいよ日向クン!!
そして死んだハズのモノミもステッキを手に入れた状態で復活し、江ノ島さんを撃破。

一体どこから彼女タチ(モノミ・七海)がやってきたのか分からないけど…最後までみんなを守ってくれてたよ…!





2015y04m12d_020538897.jpg

現実世界に戻った日向クンたちは、記憶を失ってはいるものの自分達で島に残ると言い出して、
どうやら全てを忘れているわけじゃないみたいですね。

ダンガンロンパ2、めちゃくちゃ楽しかったです…!!
後はトロフィー埋めとその他オマケシナリオのクリアしておしまいだ!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekojumpoo.blog.fc2.com/tb.php/1051-f642bdcb