【サノバウィッチ】綾地寧々ルート。R-18

2015y03m23d_230213653.jpg

メンカタカラメヤサイダブルニンニクアブラマシマシ!
サノバウィッチ、綾地寧々ルートクリアしました。

メインヒロインの前にサブキャラを攻略していこうかとも思ったけど、
一般人⇒魔女⇒一般人(?)と来たら次は魔女でしょう…!

遂に綾地さんが魔女になった理由が解き明かされる時が来た…ッ!

2015y03m23d_230222386.jpg

彼女の発情共有中です。

以下ネタバレプレイ日記。R-18


2015y03m24d_001510177.jpg

海道君の噂の好きな人……。

一体誰ルートで明らかになるんだろう、と思いましたけど
綾地さんルートで話してもらえるんですね!

年齢は分からないけど先生は推定25歳前後、海道くんは多分17歳くらい?
先生と生徒じゃなければそこまで大した年齢差じゃないよ…!!頑張れ海道くん!

2015y03m24d_001535146.jpg

新聞部の取材と称して、先生から好きな男性のタイプと理想の告白される方法を聞きだす事にしたヒロイン達。

ヒロイン達の理想の告白方法も聞けるんだけど、
これ各ルートで主人公が彼女達に告白した方法が理想って事になってるんですね…!
好きなタイプとか好みの告白方法とか十人十色で面白いなー!w

そして肝心の佳苗ちゃん先生の答えは……
とても生徒と先生の関係で恋愛をしてくれるようには見えなかった……。

『傷つきたくないから相手の懐に踏み込まず「向こうから告白してこないかな~」なんて夢見てる子供がモテるわけないってば』
って言葉は僕にも刺さりました…!ごめんなさい!友人関係全部受身でごめんなさい!

海道くん「あの時さ……俺らをガキ扱いして、完全に見下してた」
海道くん「絶対に男と見てない。そもそも考えたことすらないって反応だった」

2015y03m24d_001551962.jpg

「だからさ……絶対に見返してやる、あの女。
 俺の事を無視できないようにしてやる」


キャー!海道くんイケメン!

キミとは乙女ゲーの世界で出会いたかった!

海道君の恋愛に触発され、主人公も寧々さんを意識し始めて……

2015y03m24d_001631217.jpg

軽く紆余曲折あったものの無事に結ばれる事に。
寧々さんは白くて長い髪が美しくてCGが栄えますね!

両親の離婚が原因で人間関係に1歩引いている綾地さん。
離婚する前の世界に戻りたいと魔女の契約をするレベルに心に傷を負っているんですねー。

戸隠先輩ルートが一番H展開になるの早かった気がしたけど
寧々さんは発情スキルの持ち主なだけあってチャプター5で付き合ったら即合体。

…でも、離婚する前に戻りたいって、今の綾地さんの親は2人とも再婚してるのに一体どうなっちゃうんだろう?

2015y03m24d_001810237.jpg

「それじゃ、さよならです」

答えは、綾地さんの両親が離婚してない・喧嘩もしない世界に、綾地さんだけ過去に巻き戻るらしい。
この世界の綾地さんはみんなの記憶から失われると……。

主人公くんが綾地さんと付き合えたことで心の穴が埋まってきて、日が経過する毎にどんどん魔法の力が溜まっていく。
一緒にいれば居るほど別れる日が近づいてくる……

せ、切ない……。

2015y03m24d_001825790.jpg

少しでも綾地さんをこの世界に長居させる為、2人とも距離を置いてみようという展開になったものの
結局心が削れて行くだけだと気づいて、残された時間を精一杯楽しんで行こうと決意。

綾地さんが消える最後の日。

一杯デートをして、最後にプリクラも撮って、部室にぺたっと貼り付けて……

2015y03m24d_001843927.jpg

幸せになる為に、別の世界へと旅立つ綾地さん。

綾地さんが居なくなった世界で、1人涙を零す主人公君……。
今はまだ記憶はあるけど、後数時間後に思い出せなくなるんだと思うと…。

次の日。
2人で撮ったプリクラは、主人公ひとりだけしか映ってない。

「……あ、あれ?」

そのプリクラを見ていると……何故か無性に悲しくなって、涙が溢れそうになる。
な、なんで?一体どうして……?理由はサッパリわからない。わからないけど……苦しい。
1人でプリクラを撮ったからじゃない。そんな心の上辺にある部分じゃなく、もっと奥、深い部分が締め付けられるような……。







2015y03m24d_001902194.jpg

そして綾地さんは、記憶を引き継いだ状態で少女時代に巻き戻った。

っていうか白髪ツインテールだああああああああああああああああああああうわぁぁあああああああああああああああああああああああああああ綾地さん最高です!!!!!!!!!!!!!!!!!!

魔法の力で巻き戻った綾地さんでしたが、
離婚も喧嘩もしない代わりに、両親同士の会話は全く無く、綾地さんを介して会話をするだけ。

父親「ただいま、寧々」
母親「おやすみ、寧々」
父親「おやすみ、寧々」

私に毎日挨拶してくれても、お互いに挨拶することがない。
こんな風になったのはいつからなのか……私にはわかりません。
寧ろ、離婚した後にただの知り合いという関係に戻った方が、2人の会話は普通になっていた気がします。

そして何よりも、お父さんもお母さんも離婚して、他に好きな人と出会っていた。
一緒にいて幸せになれる相手、好きでいてもらう努力を続けられる相手に。
今みたいな関係を無理に引き伸ばしても、何も意味がないような気がして……。
特にお父さんの楽しそうな顔を見ていた分……今の冷たい雰囲気が、私の心を締め付けます。



過去に戻れば、2人が喧嘩さえしてなければ幸せだったと思ってたのに冷戦状態……。

結局、2人の幸せを思って1ヵ月後に離婚を勧めて、離婚する事に。

それでも、綾地さんのもう一つの後悔……『新しいお母さんを認める事が出来なかった』と言う過去を変える事には成功。
成功はしたものの、未来を変えすぎると主人公に出会えないのでは?という不安がずっと綾地さんに圧し掛かります。

2015y03m24d_001920195.jpg

数年の月日を経て、別のクラスにはなってしまったけど、なんとか主人公と出会えた綾地さん。
それでも主人公の感情を感じる力のせいで、綾地さんに苦手意識を持ってしまう主人公。

「好きになるって……出会えば、私のことを好きになるって言ったくせに……そんなこと、全然ないじゃないですかぁ
 一体、いつになったら好きになってくれるんですか……バカ……バカぁぁぁ……」

「これ以上未来を変えたら柊史君と出会えないかもしれないって……だから、色々我慢して、頑張ったのに……」

「他の人ばっかり幸せになっていって、私は以前のまま、1人きりで……」

「ウソつき……好きになるって、出会ったら好きになってくれるって言ったくせに」



不覚にも泣きました;;

そして……

2015y03m24d_002140889.jpg

主人公が綾地さんの幸せを想って持たせた最終兵器のおかげで、
こちらの世界の主人公とも付き合える事に。

アフターでは主人公が綾地さんの家に挨拶しに行って、追い返されて、綾地さんはブチギレて家出して、

色々あるみたいだけど幸せそうな毎日でした。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekojumpoo.blog.fc2.com/tb.php/1034-a40ded07